静岡県浜松市の投げ餅・餅・季節の和菓子・赤飯専門店
上棟式の餅まき餅投げ用の投げ餅、丸餅、のし餅、お赤飯など、その地域の風習に合わせて手配いたします。
餅投げ・餅まき用の投げ餅の全国配送・通信販売もお受けしておりますのでご相談ください。

トップ

毎度!つちや餅店です!!


2019年7月22日 : 期間限定で土用餅販売します

土用というのは、立春、立夏、立秋、立冬の18日間をいいます。

土用の始めを土用の丑の日といい、特に夏の土用は暑いので、厳しい暑さを乗り越えようと、身体に良いものを食べる習慣が生まれました。

土用餅を食べる風習は江戸時代に生まれました。

お餅は力がつき、小豆は赤いので厄除けを意味し、土用餅を食べると暑さに負けずに無病息災で過ごせると言われてます。

今年の土用の丑の日は7月27日です。

つちや餅店でも土用餅を7月25日、26日、27日、28日の4日間販売します。

ひとつ100円です。

電話、メール、店頭にて予約またはお取り置きも承ります。




















つちや餅店の想い

私は二代目としてつちや餅店を事業承継しました。

その昔、創業の先代・私の父が地元の餅店で修業しているその後ろ姿を見て手伝いをする中で、

『いつかは僕が跡を継ぐんだ!』

という思いが募って来ました。

当店は、上棟式のあとの餅投げのお餅やのし餅を中心に、和菓子や贈答品を展開しています。

特に、餅投げは投げる方も楽しいですけど、拾う方もとても楽しい。

上棟と言う人生で一大事の日のとても大切な時間を、地域の皆様と共有するのです。

お施主さんの誇らしい晴れ晴れとした笑顔、ちょっと気恥ずかしいけど、周りのみんなが祝福してくれる…

その大切な時間を飾るにふさわしい投げもちを当店にてご用命頂けるのは、とても光栄なことなのです。

投げ餅がご近所のつながり・ご縁作りのお手伝いになり、ひいては地元・地域の文化を受け継ぐことにもつながる…

こんな素晴らしい仕事は、まさに私の天職である、そう思います。


もち米にこだわり、有名産地米で作ったおいしいお餅を食べて頂きたい。

浜松でお餅といえばつちや餅店!と言われるまで、そしてそれ以降も、私共は精進を続けます。

これからもごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。




つちや餅店二代目
土屋伸之(のぶゆき)